小学校受験する際に必要なお金はこれくらいです

最近、首都圏を中心に小学校受験を行う家庭が多くなっています。小学校で受験しておけば、中学校、高校そして大学までしっかりとした学力をつけることが出来るため入れる家庭も多いですし小学校で入学しておけば後々の受験が不要になるからと受験する家庭も多いです。ただ、当然ですが定員をオーバーするほどの人気がある小学校であれば受験戦争を勝ち抜く必要があります。そのため、親御さんは早い時期から子どもに受験に必要になる対策を行っていると言われています。ただ、対策といっても家庭内で出来ることには限界がありますので、外部にお願いをすることになります。そこで多くの方が塾や習い事を行います。そこで今回は、受験に必要になる費用として塾や習い事にかかる費用がどの程度なのかご説明します。

塾に通うために必要となる費用について

小学校受験をするにあたり、一番の出費が塾です。受験に先立ち多くの方が塾に通います。通う塾は幼児教室と呼ばれるものが多く、基本的なマナーや試験に応じた学力の向上を指導するとともに集団生活における友達との関わり方や、協調性、自立心などを鍛えることが出来ると言われています。そこで気になるのがその費用についてですが、通わせる頻度にもよりますが週2、3回で月10万円~20万円と言われています。通わせる時期については、個人差がありますが、だいたい3歳ごろから通う人が多いとされていますので入学までに300万円以上かかる計算になります。もちろんこの幼児教育もピンキリで高いところであればそれ以上の額が必要となりますし通う時期が早くなればそれだけかかってくるトータルの費用も高くなっていきます。

塾以外で必要になる費用について

先ほど、塾に通うための費用についてご説明しましたが受験にはこれ以外にも必要になる費用があります。例えば習い事です。幼児教育と呼ばれる塾以外にも多くの方が体操教室やピアノ教室、バイオリン教室、マナー教室などといった習い事にも通わせています。これは受験では集団行動における友達との行動以外にも当然、個人としての能力やマナー、所作、立ち振る舞いなども審査対象となるため、このような項目でマイナスを貰わないためです。一流の方を講師として招き指導してもらう場合は週1回でも月20~30万円程度必要になりますし講師のレベルによってはそれ以上になります。多くの家庭では小学校受験までにこの習い事に200万円程度かけると言われています。また、当然ですが受験するために受験料が必要になり私立の場合は2~3万必要になります。