小学校受験のメリットとデメリット

小学校受験というのは「親の受験」と言われるように、何から何まで親が主導権を握って行わなければならないものです。まだ幼稚園に通っている子供が、親が提案する前に自分の意思で受験を決めるというのは大変稀なことなので、情報収集から受験当日のスケジュ-ル、勉強の進め方まで親が管理しなければなりません。小学校受験にはメリットとデメリットがあります。ですから親はその部分をよく考え、さらに受験当事者である子供にも納得させたうえで進めていかなければ成功は難しくなります。子供の性格によっては、メリットよりもデメリットが大きい可能性がある場合もないとは言い切れません。そんな時は途中で撤退することも視野に入れながら、子供にとって1番良い方向に導いていくということが、親ができる最大のことではないでしょうか。

こんなところが大きなメリット!

では、小学校受験のメリットにはどんなものがあるのでしょうか。第一にほとんどの小学校が中学や、高校、中には大学までエスカレーター式に内部進学できるシステムとなっているので、公立に通った場合に必ず通らなければならない高校受験をやらなくて済むということがあります。従っていったん小学校に合格してしまえば、自分の好きなことを見つけて受験を気にせずに伸び伸びと学校生活を送ることができます。また、周りの友達とも長く付き合うことになるので、一生の友達に出会えるかもしれません。それから私立の学校は独自の教育方針を打ち出しているところが多いので、他では体験できないユニ-クな授業が受けられるという特典もあります。学校の設備も整っているので、子供の性格に合った学校ならば充実した学生生活を送ることができるでしょう。

デメリットも考慮しながら子供の意思を大切に!

しかしながら、小学校の受験にはデメリットもあります。まず最大のポイントは、公立に比べて学費がかかるということです。それから、幼稚園時代の友達がみんな近所の学校に行くという場合は、友達と別れなければならず子供が不安になってしまうかもしれません。教育費に関しては親が事前に考えたうえで受験を決めなければなりませんが、子供の気持ちの持ちようについては、きちんと子供と向かい合うことが重要です。小さい子供が公共機関を使って学校にひとりで通うということも考慮しなければなりません。ですから、親は受験予定の学校行事などに積極的に子供を連れて行きましょう。最初は親のすすめに過ぎなかった小学校も、実際に自分で見学することによって、最終的には自分の意思で受験したいと言い出す子供も大勢います。

小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 小学校受験に向けてその子に合ったプランを